今後の為にする

営業研修に関する豆知識

営業マンの育成のために不可欠となる営業研修ですが、現在そのスタイルはかなり細分化されるようになっています。これまでは業務内容によって、例えば販売やルートセールス、新規顧客開発などのジャンルに分かれるのみでしたが、今ではその中でも細かく業務ごとに分かれています。これは営業活動の内容を細かく分析することによって、成果に結びつくような効率化をするために、どの業務の作業を強化すれば良いかわかるようにしているわけです。 そしてそれぞれの業務において、スキルを上げるべきと判断するものに絞って営業研修を受けることで効率良く成果を上げることができるわけです。社内研修でも社外においても、このようなスタイルで能率良く営業マンのスキルを上げることができます。

営業研修営業活動は基本的に個人活動となるために、その技術は一般的には共有されることは少ないものです。ましてやその成果が報酬に結びつくともなれば、自分だけのテクニックやスキルはライバルには明かさないものです。けれどもそれでは、営業部署全体の成績を上げるのは難しいものです。そこで営業研修を利用することによって、営業業務のマニュアル化を行うことが多くの利点を生むことになります。 営業マンそれぞれの活動を分析する中で、不得手とする業務スキルを上げるための営業研修を受けることによってどう成果が上がったのかを調べるわけです。そこで有用性が見られるのであれば、それを共有できるマニュアルとして記録するわけです。これにより、新人の研修にも役立てることができます。